読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsugecha’s blog

ココログとはむすぽを足して煮詰めた感じのブログです。

【第4回WBC】山田哲人の2発などでキューバに勝利!アメリカ行きに大きく前進

ほんとはWBCのこともいろいろ書きたかったんですが、
仕事で忙しくて一次ラウンドはほとんど見れずじまいでして。

二次ラウンドのオランダ戦も華うさぎさんに行ってたので
映像では見れてません。後続の番組が195分繰り下げだったと
twitterで知ってたいそう驚きました。感想はそのくらいで。

で、きょうは久々に早帰り(といっても残業はしてるぞ…)
できたので、ほぼ初めて、日本の試合をちゃんと見れたよ。

【第4回WBC プールE 日本×キューバ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバ 0 2 0 2 0 1 0 0 0 5 10 1
日  本 1 0 1 0 2 1 0 3 X 8 9 0

先発・菅野が4回4失点。援護の後すぐ失点という嫌な流れ。
2番手・平野がぴしゃりの後、すぐさま同点に追いついた。
6回にも1点ずつ取りあって迎えた8回。今回の大会で好調の
小林に代えて内川。ライトへの犠飛。最高の最低限。

とどめが、きょう2本目となる山田哲人のホームラン。
セではスワローズ推しなので大変喜ばしいことでした。

9回を牧田が締めて、侍ジャパン今大会負けなし5連勝。
アメリカで行われる決勝ラウンド進出に大きく前進。
(決定と書けないのは、まだ3チーム2勝1敗で並ぶという
可能性が残されているからだ)

ところで。WBCといえば球数と登板感覚の難解な制限。
自前でExcelで表を作って、調べてみている。

f:id:tsugecha:20170315001648p:plain

オイラの解釈が間違っていなければ、あしたのイスラエル戦は
菅野以外は全員投げられるはずなんだけどなぁ。2試合連続で
投げたら1日空けるって書いてるサイトもあってTL混乱中。

でも、そういう解釈じゃなかったら、きょうの継投だって
できないはずだし、ね。そこを把握せずにやってるわけも
ないでしょう。とりあえず、個人的には中継ぎ投手の使い方に
関しては、今回はかなりうまいこと行ってると思っております。


あしたのイスラエル戦をどういう状況で迎えるかによって
投手起用の順番から何から大きく変わると思われるので、
なかなか興味深い。なんなら昼間のキューバ×オランダ戦から
ぶっ通しで家のテレビにかじりついていたいくらいです。

…まぁ、そんなことできっこないんですが。

※ 具体的には。現在の状況として。

①日  本  2勝0敗
②オランダ  1勝1敗
イスラエル 1勝1敗
キューバ  0勝2敗

こうなっております。で、あしたの対戦カードがこちら。

12:00 キューバ×オランダ
19:00 日本×イスラエル

で、昼のカードで仮にキューバが勝った場合は、オランダと
キューバがともに1勝2敗となるため、日本を下回るチームが
2つ出来ることになり、日本はこの時点で準決勝進出決定です。

昼のカードでオランダが勝った場合は、オランダ2勝1敗、
キューバ0勝3敗となるため、キューバの敗退はまず決定。
この場合は、夜の試合でイスラエルが勝った場合に3チームが
2勝1敗で並ぶという非常にややこしい展開になってしまい、
準決勝進出は昼の段階では決まりません。

先に進むのが既に決定した状況でイスラエル戦を迎えるのと
試合の結果いかんでプレーオフに回らなきゃいけない可能性も
残っているのとでは、そら、起用法も変わって当然。

ああ。興味深い!!! 見たいぞ!!!
せめて日本の試合だけでも!!!!