tsugecha’s blog

ココログとはむすぽを足して煮詰めた感じのブログです。

北の謎から2017~大誤解~ 感想をまとめてみた話 その1

…ということで、無事に帰ってきました。
気持ち高ぶってるうちに、忘れないうちに、北謎の感想をまとめてしまおう。

そうか!

「大誤解」って北謎が「第5回」ってのとかかってるんだ!!!
と気づいたのが、先日紹介したかみやパパさん出演のツイキャスでのことでした。

…ってことで、本当は1団体ごとに1記事起こしたいくらいの勢いなんですが、
ネタバレ禁止という大前提があるので、あまり勢いよく書きすぎてしまうと、
あとでいろいろないとも限らないので、まとめ記事ってことにしますんません。

とりあえず、ここからは自分が参加した順に感想を書いていきます。
(もうイベントは終わってるから、参加順にしても問題なかろう)
上述のツイキャスでの事前情報と、実際に参加した感想を絡めてまとめます。

➊ トムソーヤ 「ナゾ解きトレジャーハント~ダンジョンに隠された宝を手に入れよ~」

ツイキャス事前情報>北海道の商業系2大団体のひとつ。今年は積極的に活動。
構成、謎解きはすごくしっかりしたもの。おすすめ。

感想>かなりレベルの高い謎が多かった気がする。個人的にこれが北謎で最初に
触れる公演だったこともあり、「ええっ、北謎ってこんなに難しいの!?」って
なった。それでも半ば力業で最後の謎周辺まで進んだものの、そこから正解に
たどり着くのは相当厳しかった。つまり謎解き失敗。とにかくハイレベルだった。

➋ REAL GOKKO 「暗殺者募集5」

ツイキャス事前情報>第1回目から毎回アサシン募集。事前段階で売り切れ。人気団体。
北海道の謎解き文化を築き上げた2大団体のもうひとつ。謎はおまけだ!!!!!

感想>こ れ は ヤ バ い !
事前に注意事項とかざっとは見ていたので、わかってはいましたが、本当に本気で
アサシンだった!! 謎はたしかにおまけだった!!! コンビを組ませていただいた
女性の方のおかげでどうにかミッションはクリアした!! すごく楽しかった!!!

余談>ミッションクリア時に点数の書かれた紙を渡された。正直、高いのか低いのか
わからない。ただ、初手の初手からナイフをぶっ壊すわ、証拠を残しまくるわ借りた
アイテムを返し忘れるわのおっちょこちょいぶりを遺憾なく発揮したオイラは本物の
アサシンではないと思う。終了後数分は、知らずにナイフ隠し持ってましたからwww

➌ チャンズファクトリー 「昔の遊びと少し内気なお嬢様」

ツイキャス事前情報>前回も好評だったが参加できる人数が少なかった。
北謎以外にゲームカフェで謎解き公演を行ったことも。デバッグ会でも好評だった。

感想>今回の謎公演の中で、個人的にはこれが一番好きでした。オープニングと
エンディングにラジオドラマが使われてたのも個人的にツボ。タイトルにもある
世界観に沿った昔の遊びにちなんだ謎多数。最後の謎にいたるまで、その世界観を
崩すことなく、スッキリ綺麗にまとめ上げられていたのすごくよかった。

❹ 常盤倶楽部 「ゆうしゃと迷宮(ダンジョン)フルコース」

ツイキャス事前情報>ゆうしゃシリーズで過去3作品出展歴あり。あんなゲームとか
リスペクト。なんとか飯的な。わちゃわちゃ協力プレー。小物多数で再演困難。

感想>かみやパパさんが朝から勇者コスプレで気合いが入っておりました。
その独特の世界観がすごくよく出ていたと思います。わちゃわちゃしながら
チームで役割分担を決めて、アイテムを集めていきました。最終的にウチの
チームはクリアできたんだっけ? そこもよくわかんないくらいわちゃわちゃ。

余談>かみやパパさんが「北謎なうで使っていいよ」っていう画像をツイッタに
あげていたので、「よしゃ使ってやろう」と思ってふぁぼっておいたのですが、
謎公演を詰め込みまくったため、実際になうという段階でうpするのをすっかり
忘れていました。ので、ここでご紹介することでお茶を濁すことにします。(^_^;)

➎ ハテナボックス 「めーらだえもん」

ツイキャス事前情報>全国各地で活動する有名団体。北謎は4回目の登場。
公演のたびに新作が出てくる。着物の人が走り回る団体。

感想>たしかに着物の人が走り回ってました(^_^;) 謎解きに至るまでのルートが
ひとつではなく、いろんな方向から攻められる印象。そのせいか常に何かしら
考えていた気がする。最後たまたま自分が正解の肝になるところに気づいたので
参加した回では唯一、クリアできたチームになれました。アイテムの多さすごい。

➏ Cube Factory 「Dr.Cubeからの挑戦状 -ktnz17-」

ツイキャス事前情報>今回初の公演。中の人は北海道の某有名団体で謎制作をしてる。
がっつりとした謎で純粋に勝負してくると思われる。前回は謎で殺しに来てた団体。

感想>Dr.Cubeが登場した段階で「某有名団体ってあそこかああああああああ!」って
なった。某有名団体があそこだということは…ああ、たしかに、あそこと謎の雰囲気が
似てる…。同じ人が作ってるんなら当然か。たまたま、謎解きの猛者お二人とのチーム
だったため、いいとこまでは行った気がするがクリアならず。レベル高い謎多いです。

➐ NexusQreation 「北の桜が咲く頃に」

ツイキャス事前情報>もともと代表の方は札幌の人だったが、いまは拠点を関東に
移している。ということで、公演のテーマは「里帰り」。世界観にこだわりあり。

感想>30分という短い制限時間の中に、様々な謎が詰め込まれていました。
こだわりの世界観に沿って作られた謎もあり。途中、詰まりそうになる場面も
ありましたが、記憶の番人(という設定の代表の方)が随所でアドバイス
くれたおかげで、最後の謎までたどり着くことが出来た。綺麗な謎解きでした。

※ 事前記事の段階では➐は迷解ヨタイルドさんの予定でしたが、当日になって
急遽公演中止となったため、NexusQreationさんの謎に振り替えていただきました。
スタッフの皆様、ありがとうございます。

…というところで、どうでしょうか。ネタバレは巧みに避けているとは思うのですが。
謎の内容については書いてないので大丈夫と思いますが、何かあったら教えてください。

今回は謎解き本編の話だけで終わりです。次回以降、北謎のイベント運営周りの話も
書き残しておきたい。謎解き参加側だけでなく主催・運営側にも知り合いが結構いたのに
びっくりしたし。そのスタッフ側の皆さんがすごく楽しそうにしてるのが印象的でした。
謎解きイベントの運営に携わるくらいだから、自分たちだって謎解きしたいだろうに
上述の通り、当日になって急遽中止とかあったりしたから、ボクらに見えない裏側では
いろいろ大変だっただろうになぁと想像すると、そのホスピタリティには頭の下がる思い。

そんな部分をその2で書いていきたい予定です。