tsugecha’s blog

ココログとはむすぽを足して煮詰めた感じのブログです。

ハグル会打ち上げでのサプライズの話

さて。ハグルの会の続きです。

謎のゲーム・ハグルの体験を終えたオイラたちは、ドトールコーヒー
ちょこっと暇つぶしをしたあと、打ち上げの会場であるルイジアナ料理の
お店へと向かうのでした。

と、その暇つぶしの間に、うーべーさん作の謎解きを、作成者ご本人の
目の前で解くというレアな機会に恵まれました。結果、クロスワード
解けたけど、肝心の答えを間違えるという、相変わらずの天然ぶり。

これ、タテ編かヨコ編のどちらかを選んで、解いてみてください。
ちょっとした時間でできるので、まだやってない方がいたらぜひぜひ。

ちょっと横道にそれてしまいましたが、ルイジアナ料理のお店に到着です。
いまにして思えば、なんか当日にふわっと参加しちゃったオイラでしたが、
予約の関係とか大丈夫だったのかしら。このへんが一人旅のよさでもあり
難しさでもありますね。いろんな意味でご迷惑になってなければよいのですが。

さて。前置きが長くなりすぎました。

打ち上げを始めるにあたって、主催のこやびんさんから
「実は余興を用意しておりまして…」とのお言葉。
…とともに、渡されたのは「裏メニューを探せ」と書かれた封筒。

なんでも「謎解きの要素をお店に取り入れたい(だったっけ)ということで、
皆さんにはそのデバッグをしていただきたい」との趣旨説明。


ここで謎解きできるとかまったく思ってなかったので、超ラッキー!!!
ってことで、制限時間10分間の謎解きに挑戦しました。

ひとしきり、謎解きを終えたところで宝箱が登場。
(制限時間10分となっていましたが、なんと9分で全組が謎を解き終えた!)

4チームに分かれて謎解きを行い、謎を解き終えると、それぞれに暗号が。
その暗号が宝箱に取り付けられた鍵を開ける鍵になっているようです。

0/8/1/8・・・

と、ここで、解錠された宝箱の中から謎のUSBが登場。

つげ心の声(ああ、なるほど。あのUSBに裏メニューが入っているんだな…。)
※ この時点のつげさんは今回のこの打ち上げ会の真の目的を、まだ知りません。
  とにかく予想外に謎解きができて、大満足しているいい歳したおっさんです。
  (そういえば、この時点では既にデバッグ云々の設定は忘れちゃってたけど)  

どうやら、そのUSBには何やら動画が入っているようで、お店のプロジェクタで
再生していただくことになりました。と。そこに映し出されたのは!!真の裏メニュー!!


…では、なくて、ですね。


先日、めでたくお誕生日を迎えられたうーべーさんを祝福するサプライズ動画でした。


映像では、うーべーさんゆかりの皆さまが次から次に登場してお祝いコメント。
そこには、あの方やこの方といった、実はオイラも知っている方々が結構登場していて。
ああ、こんなに共通の知り合いがいるんだ!!という、会の真の趣旨とはまったく別の
方向に驚きを隠しきれないオイラ。そもそもが、サプライズパーティー自体、まったく
縁がなかった人生だったオイラなので、まず純粋に驚いたのと、ハグルの会の裏側で
こんなに大がかりなサプライズイベントの企画が進行していたということに驚くばかり。

様々な界隈の皆さまによるお祝いコメントの締めを飾るのは、うーべーさんとのコンビで
さっぽろタイムトラベラーなどの人気謎解きコンテンツを送り出しているかみやパパさん…?


パパさん…パパs…えっ…ママ?


あわあわしながら動画を見ていると、突然、映像が途切れてしまいました。

つげ心の声(ああ、せっかくの誕生日サプライズの一番のクライマックスのとこなのに…)


と、ここで、かみやパパさん登場!! 最大のサプライズ演出だった!!!!


さらに誕生日ケーキのサプライズも登場し、唖然とするオイラ。
(いや、別にメインターゲットはオレじゃないから、あれなんだけど(ノ∀`)アチャー)

f:id:tsugecha:20170820190806j:plain


種明かしをすると、お店の裏メニューとかの設定はまったく嘘で、
謎解きも実はかみやパパさんの作によるもので。そら、デバッグ
必要ないくらいの謎になってて当然なのであった。(早く気づけオレ←)



うーべーさんご自身には、どうやら別のサプライズをやりますよという
前フリまでしてあったようで、そこらあたりの用意周到ぶりがさすがだわ。

むらさんのツイートの添付画像にあるメニュー表も、今回のためにわざわざ
本物のメニュー表に似せて作ったものだったようです。ほんと、すごいな…。

いやー、それにしてもこんな大がかりなサプライズはなかなか出来ないと思う。
仕掛け人の皆さんの絆の深さもさることながら、うーべーさんの愛されっぷりが
すごくいいぞ!!と思った。仕掛ける側も大変だけど、仕掛けられる側の人に
喜んでほしい!!っていうエネルギー?がかなりないと、あんな大がかりな
サプライズは思いつかないだろうし、できないだろうなってすごく思いましたよ。

今回、ほんとうに偶然の産物で、サプライズパーティーに立ち会わせていただいて
もらい泣きじゃないけど、すごく幸せな気分で、旭川まで帰ってきたのでした。

逃走中もチーム戦では絆が物を言う場面がありました。そしてうーべーさんの
サプライズ誕生日。こちらも、ターゲットのうーべーさんと仕掛け人の皆さんの
絆があればこそのことでしょうしね。自分がもしこんなサプライズやられたら、
完璧に泣いてしまうやつやないかーいって。そんなこともちょっと思いました。