tsugecha’s blog

ココログとはむすぽを足して煮詰めた感じのブログです。

ハグルってご存じですか??っていう話

そもそも、今回の札幌行きは、逃走中に参加するというのが先にあった形なので
日曜日の予定をどうしようかっていうのは本当にノープランでありました。

最初に考えていた謎解きしようかっていうのは、前回の英語人狼の日にあらかた
やってしまっていたし、調べてみたところ、スクラップの謎解きもほぼ売り切れ
状態だったので、どうしようかなぁと思ったあげく、興味ありでずっと保留してた
ハグルの会とやらに行ってみることにしました。

まず、そもそも、ハグルってなんぞ?という話になるのですが、それについては
こちらのサイトに書いてあるのが、わかりやすいかなぁと思うので貼っておく。

fuwa.o.oo7.jp

なんとなく説明すると、定められたルールのうちのいくつかが参加者それぞれに
渡され、制限時間内に他の参加者と交渉してルールを集めていって、いかに高得点を
目指していくかっていうゲーム。これだけだととっつきにくそうですけどね。(^_^;)
正直、これだけの前情報でよく行こうってなったな、オレ。ただ、謎解きで知り合った
うーべーさんと、人狼合宿などでお世話になったきのとさんが関わっているのなら
なんとかなるだろうってのはあった。こういう時、人のつながりってほんと大事。

【第1ゲーム】
ルール説明も兼ねて、軽い感じのゲームを。

いろんな色のチップが計6枚とルールが2個渡されて、ゲームスタート。

自分の手元には

・同じ色3枚ちょうど持ってると +5点

・青は1点 白は2点

っていうルールしかないので、右往左往しながら情報をかき集めます。

結果、あまり高得点にはなってなかった気がするけど、これはこれで面白いなぁと。
とりあえず1ゲームやってみて、合わないなと思ったら抜けてもいいから!と
うーべーさんに言われてたけど、これならなんか大丈夫そうだ!ってなったので
正式に参加することにして。さぁ、はぐりますよ!!

【第2ゲーム】
今度はルールの情報が一気に倍増20個!
周りを見ると、なんか写真を撮ってたりしてる人もいて、何をしてるんだろ?と
思いつつ、ルールを集める。なんかやたらGMに絡むルールがあったので、ひそかに
それをこなしつつ。解答用紙の自分の名前のとこに中二病の名前を書いておくと
+10点だよ!っていうルールがあって、えっ中二病な名前ってどうしたらええの?
でも自分の名前そのままだと-5点だし、うーんってなって特に中二まったく関係ない
装飾語をつけて-5点を回避するだけで精一杯でした。(^_^;)

ちなみに、写真を撮ってる人がいたのは、2人で写真に写ってるとプラスみたいな
ルールがあったようです。ただ、それだけでもなく、人狼のポーズをしてるとプラス
というのもあったようで、そっちのルールを持っていた人はそこで点を稼いだ様子。

というか、全部のルールを集めるには時間が短いので、限られたルールの中で
どれだけ高得点を目指していくのか。判断力と交渉力が試されますね、これは。

【第3ゲーム】
この会を主催していただいた、こやびんさん作成によるゲーム。

渡された封筒の中には、ゾンビ、騎士などのモンスターカードが計5枚と
「謎」と書かれたカードと「論理」と書かれたカードがそれぞれ1枚ずつ。

「手持ちのカードを3枚以下にすると加点」というのを持っていたので、
そっち方向に持っていこうと努力するが、どうやって減らしたらいいんだ?と
思っていたら、カードをもらってくれる人もいたので、助かりましたわん。

カード3枚にしたのと、組み合わせができていたのと、封筒に自分の名前を書くって
のができていたので、合計130点。と、カードの素点があるので160点くらいまで
いけた。けど、トップは200点行った人がいたみたい。すげえなぁ。

これだけガッチリ世界観作られてると、入り込んじゃうねぇって感じでした。

【第4ゲーム】
最後のゲームは、会場中央に並べられたボードゲームを使ってのハグル。
なんでもいいから、素材10個使って芸術作品を作りましょう!!!っていう。

f:id:tsugecha:20170820161608j:plain

その評価のポイントがルールとして各参加者に渡され、情報集めをしつつ、
高評価を狙えるような作品を作っていきます。で、これがまた難しい。面白い。

なんか、ルール集めよりもまずは作品作っちゃおうってなって、情報交換ほとんど
してない気がするこのゲーム。それでもなんとかかんとかルールを拾い集めて
オイラが作った作品がこちら。動物の素材をたくさん使うと+5点っていうルールが
あったから、どうしてもそっちの方向に流れていったよね…。アート性ほぼなしw

f:id:tsugecha:20170820164737j:plain

自分が持っていないルールに沿って高さや長さを狙う作品もあれば、
その逆のルールからコンパクトな作品を狙う人もあり、それぞれに
個性が出る面白い展開。限られた条件の中で、ストーリー性のある
作品を作り上げたむらさんがGM賞(でしたよね)。

というような流れで、会場の使用時間ギリギリまで使って繰り広げられたハグル会。
事前に想像していたようなとっつきにくさはなくて、非常に楽しかったでした。

…って、えっ? 打ち上げやるんですか??

ルイジアナ料理? なんだそれ、聞いたことない。どうしよっかなぁ…。

人狼一座行こうかなって思ってたんだけど、せっかくの機会だし…。

はいっ!!行きまーす!!!

と、軽い気持ちで参加したハグルの会の打ち上げにこれまたふらっと参加することにした。
とりあえず、主な理由は「ルイジアナ料理ってどんなんだ?」っていう興味から。

そんなオイラが打ち上げ会場で目にした、まさかの展開に唖然(・0・)。そして感動。

それはまた次回。