tsugecha’s blog

ココログとはむすぽを足して煮詰めた感じのブログです。

いろんなことから逃走したい気持ちで逃走中に参加してみた話

いろんなことって何ですか?ってのはあまり詮索しないでくださいね(^_^;)
仕事が忙しすぎて、考えることいろいろありすぎて爆発してるだけですw

8月19日(土)。

テレビでやってるあの「逃走中」が体験できるイベントがあると知り、
いてもたってもいられなくなり、参加登録かましてしまったわけですが。

これがまた予想以上に本格的でした。

札幌市内某所を舞台に逃走者とハンターに別れ、繰り広げられた逃走劇。
模擬ゲームも含めて全部で3ゲーム。

【模擬ゲーム】
最初は雰囲気をつかむための模擬ゲーム。

途中、スマホのLINEに運営から与えられるミッションが表示される。

「写真にある銅像を撮影して送れ」

誰かがうpすれば成功なのかな…と思いきや、全員それぞれです!とのことで
慌てふためくオイラ。そもそも、土地勘ないし銅像ある場所知らないし…。

でも、逃走者のLINEグループにいろいろ情報が上がってくれたおかげで
たぶん結構ギリギリのタイミングでミッションクリア。その時の銅像の写真を
ここに載せようとも考えたけれど、それで場所バレしてしまうかもなのでなし。

模擬ゲームは制限時間も20分と短かったので、どうにか逃げ切れましたが。
はたして本番ではどうなるのでしょうか。

【ゲーム1】
ちょっと休憩ののち、ゲーム1は個人戦

スタートからグループLINEには様々な情報が入り乱れます。
自分は最初、LINEを使いこなせてなくて、
上がってくる情報を追うだけで精一杯でしたが…。

第1ミッション。逃走者3人1組で写真を撮影し送信せよ。

私ここにいる 誰かここ行けますか??

など、情報共有をしつつ、3人でパシャリ。

その後、同じ人が何度写ってもOKということで、偶然出会った3人でパシャリ。

第1ミッション終了後、オイラはハンターのはっかさんに見つかり、池の周りを
(個人の気分的には)大逃走した末に捕まってしまいましたが、ミッションも
出来たし、2回写真に写って、逃走者を助けることできたし、大満足でした。

第2ミッション。10分ごとに1人ランダムで失格!!!
解除するにはスタッフの背中に書かれた数字を南京錠に入れて解除せよ!!

ふわああああああああああああああ。

既にハンターに確保されていたオイラは待機所でその様子を見ておりましたが…。

背中に番号を背負って、スタッフさんが待機所を飛び出していった1分もしないうちに

LINEぴこーん。
「南京錠の番号は○○●●だ」

って、えええええええええええええええええ。
どこで見てるのおおおおおおおおおおおおおおおお。

という驚き。その後出されたヒントを元に、南京錠は解除され、ランダム失格は
発動せず。待機所では、先に失格した方たちがカードを引いており、もし、南京錠の
解除が間に合わなければ、その順番に失格が発動する予定だったみたい。いやはやすごい。

LINEでの情報共有が大事だと改めて思い知る。
最終的に、第1ゲームは逃走成功者4名。すごい。自分は30分ちょっとのところで
確保された。けど、予想以上に逃げれたし、ハンターに見つかりさえしなければ
どうにかなるのかもしれないと手応えのようなものをつかんだ気はしたゲームでした。

【ゲーム2】
昼食休憩ののち、第2ゲーム。

今度は逃走者を5人×3チームに分けてのチーム戦。

だがしかし、今度は開始早々に最大の広さを持つエリアが封鎖されるという鬼展開。
そのエリアあたりに逃げていて、これはやばいとなり、移動しようとした矢先、
ハンターのえんさんに見つかり、確保。チームの中では最初に捕まってしまった。
いろいろ打ち合わせしてたのに、その上を行くエリア封鎖。第1ゲームではこんなに
早い封鎖はなかったのに…。うん。逃走者と運営の駆け引きもた逃走中の醍醐味。

と、ここでミッション!!

会場内にある像に復活コードを仕掛けた。謎を解き、答えを本部にいるGMに
伝えるとそのチーム全員が復活する。ただし、最初の1チームだけやで!!

まぁ、ブログに書くように要約してますが。つまり、場内の像のいずれかにQRが
ついているので、それを読み取って謎を解きなさい!ということです。
意外なところで謎解き要素!! これは生きててやりたいやつだった…。

LINEぴこーん。
謎はそれだけではクリアできないよ。捕まった人との協力も必要だよ。

ん?? チームで既に捕まって待機所にいるのは、この時点で自分だけ。
もう一人捕まったけど、まだ戻ってきてない。あれ、つーことはオレも
なんかするのか?と思ってきょろきょろしてると、待機所にこんなものが。

f:id:tsugecha:20170822052843j:plain

QRコードを読み取ることで表示される問題と、待機所にある(捕まった人しか
見れない)この謎の暗号を組み合わせることで、答えが示されました。
チームで力を合わせて謎を解き、オイラのチーム全員復活!!(∩´∀`)∩ワーイ

この時点で、オイラのチーム5人。他のチーム1人ずつみたいな感じだったのですが

早々にオイラが確保された(それでもちょっとは時間稼げたかなとも思ったけど)。
それを皮切りにバタバタッと確保され続け、あっという間に全滅してしまった。
自分に関しては、相次ぐエリア封鎖に焦って、ふわっと飛び出してしまったのが敗因。
あと、ハンター側の体力がすさまじい。気づくとえんさんとゆっきーさんに取り囲まれてた。
一瞬でも見つかったら(目が合ってしまったら)最後だと思った方がいいな、これは。

で、最終的には、最後の1名が生き残った別のチームが優勝。
その生き残った方が、最後の逃走も制して(ボクの中では)MVPに輝きました。
そら、女子からも大人気です。すごいですなぁ。

ということで、逃走中レポートでした。
このあと、打ち上げでは、うまうまなお鍋と焼き鳥、さらには二次会のカラオケまで
大いに盛り上がったのでした。解散したの夜中の1時過ぎだったと思います。

体力勝負の側面が強いコンテンツである逃走中ですが、やり方次第では謎解きとかの
ロジカルな要素も入れられるんだなぁっていうのがわかったのが面白かったです。
ので、体力ない自分でも楽しめた。ありがとうございました。